2012年09月27日

平城宮跡が大変なことになっています。

今、平城宮跡が大変なことになっています。大極殿からその南にある朱雀門までの、東西210メートル、南北250メートルの広大なスペースを、なんとコンクリートで舗装しようとしているのです。と言いますか、あろうことか今月25日からすでに工事がはじまってしまっているのです。

奈良にお住まいの方であれば、あの広大な芝生の上で寝転がったり、親父とキャッチボールをしたり、友達とお花見をしたりしたこともあるはずです。また近鉄電車から眺める風景に心癒される方も多かったはず。その広大な芝生が掘り起こされ、アスファルトになるなんて。もうめちゃめちゃとしか僕には考えられないです。そしてとても悲しいです。

しかも、今のあの広大な芝生には、鳥たちが羽を休め、虫たちが鳴き声を響かせ、ススキなど植物の宝庫です。それに準絶滅危惧種であるフジバカマも自生しているそう。アスファルトにしてしまったら、それらの生態系は完全におかしなことになってしまうんじゃないかな。

また僕の友人は、平城宮跡の敷地内を自転車でとおって出勤しているそうなんですが、平城宮跡をとおる時はすごく涼しいんですって。まちなかにあれほど広大な自然の野原があるなんて奈良の自慢だし、これからのエコな社会を考えたらアスファルトなんかにするよりも、そのまま自然を残しておいたほうがはるかにいいですよね。

それに加え、こんな大事なことを奈良市民に工事の間際になってプレスリリースし、反対運動をさせる間もなく工事をはじめてしまうことに対して、ほんと腹がたちます。いったい平城宮跡は誰のものなのでしょうか? そしてなぜ整備する必要があるのでしょうか? 市民のため? 観光客のため? それとも官僚、土建屋さんのため? 平城宮跡は世界文化遺産にも登録されているとても貴重な場所です。この整備工事が中止されることを願ってやみません。

---------------------------------------
ブログランキングにご協力ください! 
↓ ここをポチッとクリックいただければうれしいです。
人気ブログランキングへ
 
posted by ぜん at 14:29| Comment(1) | TrackBack(0) | 徒然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
平城宮跡の隅っこで育った者です。大極殿の復旧だけでも、佐紀町のバス停裏に茂みがなくなったことにショックを受けました。平城宮跡は年々、狭くなってるように感じます。

僕もとても悲しいです。踏みにじられてるような気分です。

中止…本当にできないものでしょうか。
Posted by 信田素秋 at 2012年09月29日 17:04
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/294452634
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。