2011年10月11日

6年ぶり!の釣りツアー。

皆さん3連休はどのようにお過ごしでしたか? 僕は日曜日の1日だけお休みをいただきました。3日ともすごくいいお天気でしたね。

さて。そんな行楽日和が続いた3連休、初日の10/8(土)は、前日の大塚国際美術館ツアーに続いて、介護タクシーのお仕事で、木津川に行ってきました。何をしに行ったかと言いますと、釣り!なんです。これまでにも海釣りのサポートはあったのですが、川釣りははじめて。で、事前に下見に行って、笠置町役場に電話して駐車場の確保やトイレ拝借のお願いまでして準備は万全で臨んだんです。だからなのか分かりませんが、当日は雲ひとつない晴天でしたね。

今回ご利用くださったSさんは、釣り名人と言われるぐらいに釣りがお上手だったそうなんですが、体が少し不自由になってからは大好きな釣りに行くことができず。そんななか、Sさんが通われているデイサービスの代表の方が釣りの機会をプレゼントしたい!ということで今回の釣りツアーが決まったわけです。いやあ、素敵な話ですよね。

そんなこんなで、まずはSさんと一緒に上州屋へ。仕掛けを選び、エサを買い、だんだんと釣り名人の目がキラッとしてきました。やっぱり自分のやりたいことをやる、これっていくつになっても必要だし大切なことなんですよね。

上州屋でお買い物。針のサイズや道糸の太さなんかにもこだわりが!
IMGP1871.JPG
IMGP1873.JPG

木津川(笠置町)に到着して、昼ごはんをササッと食べて、いざ釣りタイム! はじめはアタリもなかなかこなかったんですが、撒き餌が効いてきたのか、ぼちぼちとアタリがきて、なんと最終的には2人で9匹も釣りましたよ! ちなみにそのほとんどはブルーギルでした。木津川にもブルーギルたくさんいるんですね。まあ引きは強かったので楽しめましたが、食べることができないのが残念でした。Sさんもさすが釣り名人と言われていただけあって、20センチ弱のを釣り上げてましたよ。

青空のしたのお弁当も最高! ちなみに左に写っている青年は、結のNEWスタッフです。
IMGP1879.JPG

時おり関西本線の列車も走って、なんともいえない風情、光景でした。
IMGP1882.JPG

本日の釣果(ブルーギル8匹、モロコ1匹)
IMGP1898.JPG

とまあ、予想以上に盛り上がって、Sさんに喜んでいただけたのが何よりでしたね。なんせ坊主だったらどうしよう、って正直思ってましたから。これで川釣りのポイントも分かったことだし、釣りをしたいという方、ぜひぜひご連絡くださいね。一緒に釣りを楽しみましょう!

---------------------------------------
ブログランキングにご協力ください! 
↓ ここをポチッとクリックいただければうれしいです。
人気ブログランキングへ

posted by ぜん at 18:52| Comment(2) | TrackBack(0) | 旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年10月08日

大塚国際美術館の名画たち。

皆さんこんばんは。今日の日中はすごく暖かかったですね。今日も介護タクシーのお仕事で木津川に釣りに行ってきたのですが、青空のしたはTシャツでも十分でしたよ。

さて、秋の行楽シーズンを迎え、ここ最近は介護タクシーのお仕事もそれなりにいただいているのですが、昨日10/7(金)はたんぽぽの家の障害のある旧知のメンバーさんと徳島県鳴門市にある大塚国際美術館に行ってきました! いつも淡路鳴門自動車道を通るたびに、あれは何なんやろ?と思っていた建物がその大塚国際美術館だったんですが、そう、恥ずかしながら僕はこれまで大塚国際美術館の存在を知らなかったんですよね。

ちなみに、ここの美術館に展示されている作品は特殊な陶板によるもので、すべて実物大の大きさなので迫力満点なんです。礼拝堂の天井画や壁画なんかも環境空間そのものを展示しているので、それはそれは見ごたえ充分ですよ。まあ入場料が3150円と高額だったし、いろいろと車のなかでしたいこともあったし、入館せずに待機しようと思っていたのですが、警備員さんに「タクシードライバーは入場無料ですよ」と教えていただき、いそいそと入場したわけで。ラッキーでしたね(笑)。と僕のくだらない文章はここまでにして、あとは世界の名画をお楽しみください! フラッシュ禁止だったので上手に撮れてるか微妙ですが。

システィーナ礼拝堂天井画および壁画
IMGP1777.JPG

スクロヴェーニ礼拝堂壁画
IMGP1788.JPG

フラ・アンジェリコ「受胎告知」
IMGP1791.JPG

ボッティチェリ、サンドロ「ヴィーナスの誕生」
IMGP1795.JPG

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」(修復前)
IMGP1798.JPG

レオナルド・ダ・ヴィンチ「最後の晩餐」(修復後)
IMGP1806.JPG

レオナルド・ダ・ヴィンチ「モナリザ」
IMGP1807.JPG

レンブラント・ファン・レイン「夜警」
IMGP1814.JPG

とここまで紹介してきたのですが、残念なことに画像をアップロードするためのディスク使用量が容量を超えちゃいました(泣)。これでまだ展示スペースの3分の1程度しか廻れていないんですよ。連休明けにseesaaブログさんに容量追加申請をしますので、来週明けにでも再度ブログを更新させていただきますね。中途半端ですいません! 次回をお楽しみに!
 
---------------------------------------
ブログランキングにご協力ください! 
↓ ここをポチッとクリックいただければうれしいです。
人気ブログランキングへ

posted by ぜん at 23:39| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月28日

大谷祖廟はバリアフリー。

みなさん、こんにちは。休日にもかかわらず出勤している山本ぜんです。

さてさて、昨日8月27日(土)は、介護タクシーのお仕事で七回忌法要のサポートをさせていただきました。場所は、京都の大谷祖廟。皆さん大谷祖廟ってご存知ですか? 僕も宗教は苦手なんでよくわかってはいないんですが、ようは浄土真宗の親鸞聖人のお墓らしいんですよ。もっと詳しく知りたい方はこちらのホームページをご覧いただくとして(笑)。

真宗大谷派(東本願寺) http://higashihonganji.or.jp/
大谷祖廟 http://higashihonganji.or.jp/worship/otani/

で、この大谷祖廟にて、永代経を読んでもらうということで、奈良市からご家族をお連れしたわけです。また現地集合で、親族の方も参列され、久しぶりの交流に花を咲かせていただきました。お参りのあとには「がんこ京都駅ビル店」でお食事も。

そしてそして。この大谷祖廟なんですが、たくさんの方がお参りされるからなのか、バリアフリー対応がばっちりなんですね。何しろ階段を何十段と登らなくては行くことのできない御廟にもエレベーターですいすいと行けるし、本堂にあがる階段も、同じエレベーターで行くことができるんですよ。これなら足の不自由な方でも難なくお参りすることができますよね。僕ははじめて訪れたのですが、正直、少し感動してしまいました。エレベーターの設置場所もうまい具合に奥まったところで景観的にもOKだし、ここにエレベーターをつけようと提案された方に拍手です。

大谷祖廟の門をくぐったあたりからの本堂の眺め。
IMGP1513.JPG

本堂に向かって右側に、御廟に上がるこのような石段があります。
IMGP1490.JPG

御廟。いわゆる親鸞聖人の墳墓だそうです。
IMGP1495.JPG

本堂の右側、人がちらっと見えるところにエレベーターがあります。
IMGP1491.JPG
IMGP1493.JPG

エレベーター内部。1階のドアと2階(本堂)、3階(御廟)のドアは別方向になってます。
IMGP1497.JPG

もちろん多目的トイレもばっちり完備されていますよ。
IMGP1501.JPG

以上、久しぶりの観光バリアフリー情報でした!

---------------------------------------
ブログランキングにご協力ください! 
↓ ここをポチッとクリックいただければうれしいです。
人気ブログランキングへ

posted by ぜん at 12:42| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月21日

初!海外旅行サポート(中編)。

皆さんこんにちは! なでしこジャパン、すごかったですね。僕は夜中3時半に起きて応援してましたよ。おかげで翌日の仕事はさすがに眠たかったです。さて、今日は以前にも書いた「初!海外旅行サポート」の続編です。早いこと書き終えてしまわないと、日々のあれこれに紛れてあの頃の感動も少しずつ薄れていってしまいますから(笑)。

ということでハワイ旅行サポートの2日目です。1日目が時差の関係で43時間と長かったので、一日目の夜は比較的に早めに就寝し、翌日は朝からワイキキビーチに行ってきました。それもレンタカーではなく、お散歩がてらてくてくと歩いて。さすがに有名ビーチだけあってたくさんの人で賑わっていましたね。

でも今回ご一緒したMさんは車イスを利用。砂浜だとタイヤが砂に取られるし、歩くのもちょっと難しいし、海に入るのはちょっと無理かなあと思っていたのですが、やはりここまできたら何が何でも入りたい! ということで、日本人観光客に声をかけてお手伝いしてもらい、ワイキキの海に入ることができました。日本人観光客というのが僕らしいでしょ(笑)。

IMG_0556.JPG
IMG_0559.JPG

ワイキキビーチのバックにはダイアモンドヘッドが!
IMG_0572.JPG

ワイキキビーチでボーッとしたあとは、ガイドブックに載っていた「ブルー・ウォーター・シュリンプ&シーフード」でランチ。ガイドブックに載っているだけあって、その時店にいた16人中15人が日本人でした(笑)。ほんとはガイドブックに載ってない店に飛び込むのが旅の醍醐味なんですけどね。

で、そのあと一旦ホテルに車を取りに帰り、次はこの木なんの木気になる木へ。東芝のCMで一躍有名となったこの木は、モアナルアガーデンにある「モンキー・ポッド」という大木で、遠くから眺めるのもいいのですが、木の幹の下に立って見上げるというのもなかなか素敵でした。なんか太陽の光が反射してキラキラしていたんですよね。Mさんも木の幹に触れて「命をもらおう」と仰っていたのが印象的でした。あ、ちなみに本来の入口には階段があるのですが、別ルートを通れば車イスでもアクセス可能ですよ。

IMGP0915.JPG
IMGP0919.JPG
IMGP0923.JPG

モンキー・ポッドに癒されたあとは、ヌアヌ・パリ展望台(車イスでのアクセス可)。ここは風がすごく強い場所なんですが、それほどハワイらしくもなく、5分ぐらいで次の目的地に出発(苦笑)。そのあとはカイルア・ビーチ、からイーストコーストを南下してワイナマロビーチ、サンディービーチ、ハナウマ湾と通り、いざダウンタウンへ。ワイナマロは元横綱・曙の出身地って知ってました? ショッピングセンターには立派な銅像もありましたよ。まあ街自体はこじんまりしたところでしたが。

IMGP0924.JPG

そして夕食は、ハナウマ湾を少し過ぎたあたりのココ・マリーナセンターというドライブインのようなところでとりました。これから海外旅行をされる方に少しアドバイスさせていただくのですが、やはりこうしたドライブインやショッピングセンターは食事するにはいいですよね。車は停められるし、選択肢はけっこうあるし、おまけに地元の方を対象にされているので安くて旨い! ちなみにこの日はロコモコをいただきました。 

でもね。一つだけ欠点もあるのです。それは英会話が苦手な方にとっては厳しい現実が待っているということ。外国人観光客に慣れていないのか、それほど親切というわけではないんですよね。僕の英語も、「は?」という感じでほとんど相手にしてもらえなかったし(泣)。僕としては、23歳の頃に1年間海外で生活していたので、ある程度は通じると思っていたんですけど。やはりブランクあると駄目ですね。

夕食のあとは、ショッピングセンターでビールを買ってホテルに戻り、ふたたび二人で乾杯! とまあ2日目も充実した一日を過ごせました。が、この日のおかげで次の日起きたら大変なことが。ということで、次回(後編)もお楽しみに!

---------------------------------------
ブログランキングにご協力ください! 
↓ ここをポチッとクリックいただければうれしいです。
人気ブログランキングへ

posted by ぜん at 17:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月13日

飛行機とお魚さんを見てきました。

皆さんこんばんは! 今日も暑かったですね。朝から京都で打合せがあって、そのついでに平安神宮にも寄ってきたのですが、いやあ社の朱と青空のコントラストがすごく映えていましたよ。

さて、昨日7/12は、ハワイ旅行に続いての、介護タクシーを利用した旅行サポートでした。ご利用いただいたのは、今回で3回目のご利用となるSさん。娘さんとSさんが生活されている施設のスタッフの方とご一緒に伊丹空港と海遊館に行ってきました。

伊丹空港って、ここ最近は行ったことがなかったんですが、すごくきれいになっているんですよね。まあ関空に比べたら規模は小さいしお店の数も少ないけど、4階にある展望テラスはなかなかオシャレな感じで、聞くところによると隠れデートスポットになっているらしいですよ。日が沈むころから夜にかけてはロマンチックな雰囲気になるとか。まあもう僕には関係ありませんがね(笑)。あ、もちろん車イスでもアクセス可能でした。

IMGP1113.JPG
IMGP1120.JPG
IMGP1118.JPG

全日空の飛行機がちょうど飛び立っていきます!
IMGP1127.JPG

それにしても、あんな大きな鉄の塊が空を飛んで行くって不思議じゃないですか? 機体そのものも重いだろうし、人間だって平均60kgとして500人乗ったらそれだけで30トンですよ。おまけにそれぞれには大きな荷物もあるだろうし。ほんと航空力学ってすごい学問ですよね。 

あと海遊館についてですが、ここはすごくバリアフリー対応になっているんですよね。みんな(他のお客さん)とまるっきり同じルートで見学できるわけではないので、ユニバーサルデザインというわけではありませんが、それでもスタッフの対応も好感が持てるものでしたし、見学スペースにも車いす優先ゾーンがあって快適でした。

IMGP1129.JPG

とまあ、僕もいろんなところに行けて、お客さんにも喜んでいただけるこの仕事はほんとやりがいがありますよね。

そうそう、海遊館をあとにするときに、偶然にも僕が以前働いていた施設で同僚の女性に出会ったんです。実は今回サポートさせていただいたSさんも、その僕が働いていた施設におられ、僕がケアマネとして担当していたんですよ。だから出会った彼女もSさんのことを知っているわけで、思いもかけない偶然に一同感動してしまいました。こんな偶然もあるんですね。

---------------------------------------
ブログランキングにご協力ください! 
↓ ここをポチッとクリックいただければうれしいです。
人気ブログランキングへ

posted by ぜん at 23:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅の記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。